Siteimprove株式会社との業務提携を発表しました。>> 詳しい説明はこちら

 2018年7月2日

Webページ常時SSL(https)化に対応するためのプラグインを配布します

米Googleは2018年2月8日(現地時間)、2018年07月にバージョンアップ予定の「Chrome 68」より、非SSLのページを閲覧した場合、ブラウザのアドレスバーのURLに「Not secure(保護されていません)」の警告を表示する事を発表しました。
 
 ■Google Security Blog
   https://security.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html
 
本発表により問い合わせフォームなどのページや検索フォームなどの入力フォームのあるページ以外でも「SSLを利用する」設定にされていない場合は、ブラウザに警告が表示されることになります。


  • 2018年6月現在の非SSLページ
    http.png
  • Chrome 68 以降の非SSLページ(イメージ)
    new_http.png
  • SSLが有効なページ
    https.png


その為、ブラウザによる非SSLページの閲覧時に警告が常に表示される事となり、WEBページを公開されていらっしゃるお客様におきましては信頼性において影響を受けると思われます。


この発表を受け、弊社は「Chrome 68」警告の対応をご検討されていらっしゃるお客様にサイト内のWebページ全てをSSLページに設定するプラグインをご提供させて頂きます。
また、SSLページでもキャッシュ対応可能とするオプション機能も、併せてご提供させて頂きます。


■対象製品:
  SITE PUBLIS3 をご利用中のお客様
  SITE PUBLIS4 をご利用中のお客様
  ※SSL証明書がインストール済みの環境である必要がございます。

 
本プラグイン及びオプションをご希望の場合は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。
ご利用の際は「プラグインについて」のページをご一読ください。


※ご利用にはログインが必要となります。

 ユーザー登録がお済みでないお客様は、下記よりご登録をお願いたします。


新規アカウント発行



© 2017 SITE PUBLIS CO.,Ltd All rights reserved.